せつめいがぞう

マイクロビットで電子工作(10/17・10/18)


:2020年10月17日(土)
:13:30~15:00
:インターネット上
:無料

小さなコンピュータ『マイクロビット』で電子工作。
10月17日(土)・18日(日)の2日連続。
北区こどもプログラミングコンテストに応募しよう。
※オンライン教室です。各自インターネットにつながるパソコン・タブレットを用意して、自宅からご参加ください。

場所

以下URLよりオンラインでご参加ください。
https://sites.j-code.org/microbit/microbit101
※事前にZoomビデオ会議に接続してみて、接続ができる事をご確認ください。

また、保護者の方は事前に以下URLを開いて slack にもご参加ください。Slackは保護者の方へのご案内や、チャットによる質疑応答などに利用します。
https://j-code.org/users/parent

内容

小さなコンピュータ『マイクロビット』とサーボモーターをつかって、
お金をおくと、お金をたべちゃう、ロボット貯金箱ちょきんばこをつくります。

https://sites.j-code.org/microbit/coin-eater

1日目:貯金箱の工作と、「うで」をうごかすプログラムを 作ります。
2日目:お金をおくと、自動的にうでがうごくようにして、貯金箱を完成させます。
(未完成でも、教室の最後にコンテストに応募をしていただきますが、あとで、変更しても大丈夫です)

時間割(2日間おなじ)

・開場
13:00 接続準備(はじめてのかたは、余裕をもって接続してください)
13:15 Zoomの練習(10分間)
・1時間目
13:30 1時間目(40分間)
14:10 休憩(10分間)
・2時間目
14:20 2時間目(35分間)
14:55 まとめ(5分間)
15:00 終了

参加資格

・小中学生
・北区こどもプログラミングコンテストに作品を応募していただけるかた
(応募は1作品のため、他の作品を応募するのでも大丈夫です)

もちもの

こちらの作り方をみて、足りないものをご用意ください。

https://sites.j-code.org/microbit/coin-eater

・インターネットに接続できるパソコンまたはタブレット
・マイクロビット、電池、サーボモーター、コード
・貯金箱の本体とウデになる材料、アルミテープ
※マイクロビットをお持ちで無い方は、マイクロビット無料貸出の抽選にご応募ください。

抽選

・教室は抽選なく、みなさま参加いただけます。
・マイクロビットの無料貸出は定員5名です。10月4日(日)13:00に申込を締め切り、貸出希望多数の場合は、抽選します。

保護者の見学

見学が可能です。刃物などの工作道具による危険が無いよう、工作を行う際には見守りをお願いいたします。


申込:募集期間は終了しました
会員としてサインインして、イベントへの参加申込や確認を行います。 参加の申込と確認